犬山市、各務原市、扶桑町で、夜遅くまで受付していてスポーツのケガ、腰痛、座骨神経痛の治療に自信ありのヤシの木接骨院

RSS

肩腱板断裂って何?/犬山市、各務原市で肩の痛み、五十肩や四十肩はヤシの木接骨院にお任せ下さい

カテゴリ : 四十肩・五十肩










今回は、肩腱板断裂についてお話させて頂きました!


トレーニングしてる人だとインピンジメントって言葉を聞いたことがある方も少なくないと思いますが、あれも肩腱板断裂(肩腱板損傷)のひとつです。

肩腱板断裂と肩腱板損傷は若干断裂の方が重症なイメージにはなりますが、呼び方の違い程度ですので同じものだと認識していただいてOKです(^-^)/

今回は、肩腱板についてのお話と肩腱板損傷を疑う症状についてお話させて頂きました(*^^*)

次回は、治療法についてお話していきます(^-^)v

Instagramアカウントから動画解説が見れます!

お気軽にコメントして下さいね!!
良いと思ったらフォローをお願いしまーす(^_^)/

  ↓   ↓   ↓

https://www.instagram.com/p/COm0-oyhsiB/?igshid=apkcd21yoz5j
2021-05-08 20:46:50

五十肩・四十肩のストレッチvol.2/犬山市、可児市、鵜沼の腰痛や五十肩ならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩


肩の前側に痛みがあったり、
つまった感じ、ひっかかった感じがある場合にオススメです。



お風呂上がりなど身体が温まっっているときにやるのをオススメします。



2020-07-31 11:06:19

五十肩・四十肩のストレッチ/犬山市、可児市、鵜沼の五十肩・四十肩ならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩


肩の後ろ側に痛みがあったり、肩の後ろにつまった感じやひっかかった感じがある場合にオススメです。



壁に肘をあてて肩を動かしていきます。

脇の下の角度を90度壁にしっかりと肘をくっつけます。

肘の角度も90度にしましょう。

反対の手で優しく矢印の方向に押します



壁側の左肩を最初は小さく動かして、少しづつ大きく動かしてみましょう。

痛くない範囲で気持ちが良いくらいの強度でやってください。


2020-07-29 11:19:31

五十肩・四十肩の予防体操/犬山市、各務原市の腰や肩の痛みならヤシの木接骨院にお任せ下さい

カテゴリ : 四十肩・五十肩


輪ゴム3つで出来る簡単五十肩・四十肩の予防体操を動画でお話します!(^^)!

まずは、輪ゴム3つをつなぎましょう(*^_^*)



小指に輪ゴムを通して、脇を締めて肘は90度にします。

輪ゴムの張りを感じながら優しく外に外に引っ張ります。



強く引っ張り過ぎたり輪ゴムが弛んだりしないように気を付けましょう!

回数に決まりは無いので少し肩の後ろが疲れたなと思うくらいの回数で十分です(^^)/


2020-06-10 09:24:23

石灰沈着性腱板炎って何?/犬山市、可児市、各務原市の五十肩・四十肩ならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩
今日、新規の患者さんが行きつけの喫茶店でうちを紹介して頂いたのがきっかけで来院されました。

【理由は】
・清潔感があることと
・手を使った施術をしっかりしてくれるから
・最新の機械があること

と、評判だったみたいでヤシの木接骨院を選んで頂けたのが大変嬉しかったです。



では、本題の

【石灰沈着性腱板炎】についてお話しましょう。

何もしていないのに急に肩に激痛がはしり、腕や肩を動かすことが出来ない、眠ることもできない…




石灰沈着性腱板炎ってなにがどうなってるの?
リン酸カルシウム結晶という石灰が肩の関節の中に沈着することによって引き起こされます。沈着したリン酸カルシウムはミルク状から歯磨き粉状、そして石膏状へと硬くなっていきます。

【原因】
ホルモンのバランス、肩の腱の壊死、自律神経の不調、中にはビタミンDの過剰摂取により、カルシウムやリン酸が血液中に濃くなりすぎるなどと言われたりもしますが実はまだどれが正解かはわかりませんm(_ _)m




【五十肩とは何が違うの?】
まず、初めに五十肩や四十肩は肩関節周囲炎と言った名前が正式な名称です。
特別な大別はしずらい所もありますが、石灰沈着性腱板炎は今まで無症状だったのに、急に肩に激痛が来ると言ったイメージで、五十肩はじわじわと肩の痛みが現れる印象があります。
また、五十肩も石灰が沈着することも珍しくありません。

【治療方法】

病院

・投薬、注射
病院では、抗炎症薬を使います。

・手術療法
薬や注射の効果がない場合に、内視鏡を使って石灰を摘出をすることがあります。


ヤシの木接骨院

痛みや炎症を抑える3DMENS(立体マイクロカレント)を使い痛みや炎症を抑えます。
その後、肩の関節の運動制限を改善させる為の手技(筋膜リリースや皮下組織へのアプローチ)や運動指導を行います。

病院で、注射や投薬で症状が改善されなかった時は一度ヤシの木接骨院にご相談ください(^^)d


2020-03-23 11:11:48

1 2 3 次へ