犬山市、各務原市、扶桑町で、夜遅くまで受付している交通事故治療に自信ありのヤシの木接骨院

RSS

五十肩、四十肩(肩関節痛周囲炎)の治療記録/犬山市、各務原市の交通事故治療、五十肩・四十肩ならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩
以前もヤシの木接骨院に通院されていた患者さんが先月久しぶりにご来院になりました。

問診したところ、右肩に洗濯物を干したときピキっと痛みが走りそれから、夜寝ているときや髪の毛を洗うときに痛みが現れる様になった為に来院を決めたそうです。

問診の時に、患者さんは趣味のテニスがやれないとガッカリした様子でした。



初回の治療は炎症が強かったのでアイシングと3DMENS(立体マイクロカレント波)を行い炎症を抑え、動かせる範囲での筋膜リリースなどを行い可動域を増やして行きました。



~4回目までは、初回と同様の治療を行いました。

5回目~7回目は、ハイボルテージ治療を行い深部の筋肉対してアプローチし、今までと同じように筋膜リリースで可動域を増やす治療を続けました。

そして、7回目の治療が終わる頃には腕が真っ直ぐ挙がりバンザイの姿勢なども、出来るようになっていました\(^^)/

この患者さんが早く治ったのは初めに痛みが出た時に直ぐにご来院なさったことが大きかったかと思います。

また、私の指導した軽いトレーニングもしっかりやってくださったいたこともあります。

先日その患者さんのご友人の方から今ではバッチリとテニスを復帰していて嬉しそうにしておられたとお話を聞く事が出来まして私も嬉しく感じました(^o^)/



犬山、各務原、扶桑の肩の痛みならヤシの木接骨院にお任せ下さい
2019-07-17 08:30:33

四十肩、五十肩を湿布だけで治そうとしていませんか?/犬山市、各務原市の腰痛、交通事故治療ならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩
 【四十肩?五十肩?肩関節周囲?】

40~50歳代を中心に多発し、肩関節に痛みと運動制限をもたらす疾患を日本では四十肩、五十肩と言っていて正式な名前は肩関節周囲炎と言います。
ですので、五十肩や四十肩と言った名前は肩関節周囲炎の総称であります。

発症の原因はいまだ明らかではありませんが、肩周囲の筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などにより炎症を生じることが要因と考えられています。


 症状は大きく3つの周期に大別されます。

炎症期 (痛みがとても強い時期)

・明らかなきっかけなく、ズキンズキンと強い痛みが生じます。

・夜ズキズキ歯痛のように痛むいわゆる夜間痛が特徴的です。

・上腕部までズキンズキンする。

拘縮期 (肩まわりの動きが硬くなる時期)

・強い痛みが少しやわらいできたころで、肩の動きが特に悪くなる時期です。

・髪の毛を結んだり、洗濯物を干したりなど肩を動かした時に痛みを感じたりします。

回復期(症状が回復してくる時期)

・運動時の痛みや運動制限が次第に改善する時期です。

・ただこの時期に反対側に同様の症状が出たりすることもあります。


肩関節周囲炎は治療をしなくても自然に治ることもあるが為に病院に受診しても湿布や痛み止めが処方され治療をしないパターンがよくありますが、動かさずに放置していると肩の関節が癒着(くっつくこと)してしまうので正しい運動療法を行う必要があります。

また、無理に動かすと肩腱板といった肩の深部の組織などが損傷する恐れがあります。



ヤシの木接骨院では、マイクロカレント波またはハイボルテージといった特殊電気治療を患者さんの症状のタイプに合わせた治療法で炎症を抑え込みます。

そして、筋膜リリース、筋肉のセッティングなどの手技を行い肩関節の可動域を取り戻しつつ痛みをとっていきます。

他、肩関節深部の筋トレの指導などをしていきます。

私も肩の脱臼など肩の怪我の経験があるために肩痛みのツラさは大変よくわかります(涙)

肩関節周囲炎から首の痛みや肩こりなども併発することもあるので、迷わず治療することをおすすめしております。



何の花だと思いますか?



サボテンのお花です(^^)


梅雨入り前に美しく咲いてくれました!!

雨は、なんとなくテンションが下がりますがヤシの木たちの水やりがサボれるなどをありがたく感じたりしてポジティブにすごそうかと思います(^^)


 犬山市、各務原市、扶桑町の肩や膝の痛みヤシの木接骨院にお任せ下さい
2019-06-05 21:03:14

五十肩も早期治療がより良いですね(^-^)v/犬山市、各務原市の交通事故のリハビリならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩

いつも、ご来院になられている患者さんが

患者さん「今日は肩が急に痛くて動かせない」

、、、

これは、四十肩、五十肩の始まりですね。

患者さん「もう、60歳だよΣ(´∀`;)」

いえいえ、四十肩や五十肩と言うのは肩関節周囲炎と言います。

肩周囲の筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などにより炎症を生じることが要因と考えられています。

それが、40歳から50代に発症しやすいから四十肩、五十肩と言った名前がつきました。

この患者さんはホントに炎症が始まる前後辺りで来院してくださったので、肩関節の周囲の筋肉から奥の筋肉まで筋膜リリースを行いしっかりと可動域の改善、徐痛出来ました。

五十肩、四十肩も早めの治療が治療効果も高いですし、通院の期間も短くて済みます。

お悩みであれば、お早めにご相談くださいね(^^)d

ヤシの木接骨院口コミサイトはこちら
https://www.ekiten.jp/shop_87531547/



交通事故治療案内
http://yashinoki-sekkotsuin.com/koutsujiko



犬山市、扶桑町、可児市の肩の痛みの事ならヤシの木接骨院
2018-11-15 11:53:55

冷房で痛む五十肩、四十肩/犬山市、可児市の交通事故治療ならヤシの木接骨院

カテゴリ : 四十肩・五十肩
五十肩、四十肩…いわゆる肩関節周囲炎。

夏に患者さん達がお悩みになられているのが、冷房による肩の痛み。

冷房の風が当たるとじわじわ痛みが強くなってしまいます。

対策として、タンクトップやノースリーブの服を控え。

袖のある服を着てください。

仕事の都合で難しい事もあるとは思いますが出来れば冷房の風が直接当たらない場所で過ごしてください。

五十肩、四十肩は湿布や飲み薬ではなかなか改善しません。

今日来院された患者さんは、肩を後ろに廻せないと言った症状でした。

ストレッチと筋膜リリースを行いましたが、痛みが残るのでハイボルテージと言った特殊電療で痛めた部分を狙い射ち!!

治療のあとは、痛みは少し残るけれどかなり動くようになったと言っておられました。

五十肩、四十肩は痛みを取るのももちろん大事ですが、肩の可動域を狭くしない事が大事です。

可動域を保ちながら徐々に痛みをとるのがヤシの木接骨院の治療スタイルです。



ヤシの木接骨院口コミサイトはこちら
https://www.ekiten.jp/shop_87531547/



交通事故治療案内
http://yashinoki-sekkotsuin.com/koutsujiko



犬山市、鵜沼、扶桑で、五十肩、四十肩ならヤシの木接骨院
2018-08-01 12:00:31