犬山市、各務原市、扶桑町で、夜遅くまで受付している交通事故治療に自信ありのヤシの木接骨院

RSS

風邪の時は筋トレする?しない?/犬山市、各務原市のスポーツのケガならヤシの木接骨院

カテゴリ : トレーニング知識
いま、かなり風邪が流行していますね(>_<)

朝晩の温度差にやられて風邪を引いている人はかなり多いです。



今日のお題ですが、

 風邪の時に筋トレは、するべきか?しないべきか?】

に、ついてお答えしていきましょう。

まず、ストレートに風邪を引いていると言うことは身体が弱っているという事。

身体としては筋肉を付けたいと言う事よりも優先順位としては風邪と言うトラブルをいち早く解消させたいと言っていると言う事になります。

ケガの時も同じ様な話をしますが、トレーニングを継続的にやっている人からするとトレーニングを1週間休んだりするのは筋肉が落ちてしまわないか不安になったりするでしょう。

しかし、筋肉の張りや神経の伝達などは一時的に落ちるかもしれませんが、筋肉自体はさほど落ちません。

私ですと、通常であればトレーニングの部位を5~6分割していて、週に5回から6回ジムでトレーニングしていますので、当然関節に疲労は蓄積されています。

少し、忙しかったり、体調が思わしくなかったときには思いきってトレーニングを休んで、関節の疲労回復だとポジティブに考えたりするのが良いでしょう。

普段頑張ってトレーニングしているなら筋肉は思ったより落ちませんよ(^^)d

まずは目の前の身体のトラブルを解消してからトレーニングする事が近道となります。

なので、風邪を引いてしまったらしっかりと身体を休めて回復したら思い切りトレーニングするのが一番です(^^)/


解答
【風邪を引いているときはトレーニングを休めです!】




まずは、手洗い、うがいで予防しましょう(^^)

犬山市、各務原市の筋トレの事ならヤシの木接骨院
2019-11-08 17:44:31

トレーニングで首を痛めやすい人/犬山市、可児市の交通事故治療ならヤシの木接骨院

カテゴリ : トレーニング知識
デットリフト、スクワット、ベンチプレス、レッグプレス、スカルクラッシャーなどで頚を痛めた経験のあるトレーニーは多いと思います。



頚を痛める原因のひとつが力んだ時に頚が反らしてしまっている(顎が上がった状態)になってしまっていると頚を痛める事は非常に多いです。

どうしても、しんどくなると頚を反らしてしまうことは多いですが痛めてしまっては逆効果に(涙)

私は、ベンチプレスやスカルクラッシャーを行う時に頭を出来るだけ首を反らさないように頭に座布団を引いて行っております(パワーリフター、ベンチプレッサーの方ごめんなさい。公式の大会のやり方ではありません)それだけで粘った時に頭を反らしにくく頚のケガのリスクを抑える事が出来ます。

恥ずかしい話ですが、、、(^o^;)

先日、私は45度レッグプレスで220キロ位の重さでやっていた時に踏ん張った時に不覚にも頚を反らしてしまいバリっと頚の右から嫌な音が、、、

速攻でアイシングして、接骨院に戻りハイボルテージ治療を自分で自分に行い、、、(;´д`)

テーピング固定をして、2日程でトレーニングに戻れる位まで改善しました。

しかし、首を痛めてしまうとあらゆるトレーニングが出来なくなります。

トレーニングで首を反らす癖のある方はできるだけ首を反らさないようにすると良いかと思います(*^^*)


ヤシの木接骨院口コミサイトはこちら
https://www.ekiten.jp/shop_87531547/



交通事故治療案内
http://yashinoki-sekkotsuin.com/koutsujiko

犬山市、可児市、扶桑町、各務原市のマッチョ達が治療に来るヤシの木接骨院
2018-10-27 12:45:00

デットリフトの余談/犬山市、各務原市の交通事故治療ならヤシの木接骨院

カテゴリ : トレーニング知識
トレーニングのBIG3と言われているトレーニングの王道3種目にスクワット、ベンチプレス、そしてデットリフトがありますが、その中でもベンチプレスは圧倒的に人気がある中でデットリフトはケガをする様な気がするだとか腰が怖いと言った理由でやらないトレーニーも多いですね。

ただ、私は正しいフォームと無理に追い込んだり、しゃくりあげたりしなければ猫背や腰痛の予防にすらなると思います。



治療家としては恥ずかしい話ですが私も腰椎分離症の持病を持っておりますが、先日デットリフト180キロを7発床引きでトレーニングしております。

デットリフトは僧帽筋、背筋郡から起立筋群、臀筋群、ハムストリングなど背面の筋肉への刺激はもちろんですが、持ち上げる際に腹圧をしっかりと高める(バルサルバ効果が起こる為)ので、腹筋にも強烈に刺激が走ります。

いわゆる体幹が強くなると言うことになります。

また、私が思うのはデットリフトで背筋群から臀筋群がいい感じに筋肉痛になると猫背や腰を曲げた姿勢で歩いたりするのがかえってしんどくなり自然と背筋を伸ばして生活する癖が付いてくる様になります。

先ほども、お話しましたが腰椎分離症を持っている私ですらデットリフトとトレーニングの後の適切なストレッチを行っているおかげで腰痛にはほぼ悩まされることは御座いません(^-^)v

ただ、同じ週のルーティンの中でデットリフトと高重量のスクワットを組んでしまうと腰の疲労が抜けにくくケガをしてしまうパターンもあるので組み合わせには十分お気をつけ下さいm(_ _)m

ちなみに私はデットリフトを高重量でやった週はハックスクワットやレッグプレス、レッグエクステンション、レッグカールなどで追い込んだ後に軽めのバーベルスクワットを行っております。

また、デットリフトに限らずあらゆるトレーニングで梨状筋がうまく使いこなせず、梨状筋に固さがありパフォーマンスを低下させたりしているアスリートは多いです。

梨状筋のセルフのストレッチもありますが梨状筋はなかなか緩みにくいのでケアにヤシの木にご来院になられる方もおられます。


ヤシの木接骨院口コミサイトはこちら
https://www.ekiten.jp/shop_87531547/



交通事故治療案内
http://yashinoki-sekkotsuin.com/koutsujiko

犬山市、各務原、可児市でボディビルとパワーリフティングの大会に出場したことがある院長が居るのはヤシの木接骨院
2018-10-23 12:06:07

ベンチプレスでの肩のケガ/犬山市、各務原市の交通事故治療ならヤシの木接骨院

カテゴリ : トレーニング知識
トレーニングをする人の中で最も人気があって扱える重さがトレーニーの間で競い合われる事が多いのがベンチプレス。

バーベルを使って行う競技なのでダンベルプレスよりも高重量を扱えるのも魅力的な種目でもあります。


人気と重量を扱えるだけにケガも多いのがベンチプレスでもあります。

今回はベンチプレスでの肩の痛みについてです。

ベンチプレスは主に胸のトレーニングですが、肩や三頭筋も使われますし、フォームを固めるためにブリッジをしっかりと組む方は脚や臀部、腰、背中などのほとんど全身の筋肉が活動しております。 

また、肩関節に対してはダイレクトな負荷が掛かります。

特にダンベルプレスよりもバーを胸に付ける事を意識して行うために肩関節の水平伸展の可動域は広くなり肩に負担が掛かりやすいのも特徴であります。

ベンチプレスで肩を痛めないアドバイスとしてはしっかりと肩甲骨を寄せてブリッジを組んでからベンチプレスを行うことやバーを降ろす位置が胸骨(みぞおち)辺りが理想ですが苦しくなると肩が上がってしまったりしてバーを降ろす位置が乳首辺りになっていたり。
もしくはそれよりも上になったりしてしまうと肩を痛めてしまうリスクはぐっと上がります。

ですので、バーがラックに掛かった状態でバーの位置が顎あたりにくる位置にセットをしてそこからラックアウトさせる様なイメージでやると胸骨部分にバーが降りていく軌道を作りやすいと思います。

【肩を痛めてしまったがベンチプレスがどうしてやりたい場合】

痛みがある場合基本的には休んで下さい。

ただ、ベンチプレスにも色々な技法があります。

肩に負担が掛かりにくいとされているサムレスグリップ(親指を外してバーを握る)でのベンチプレス。

一般的にはサムレスグリップですと肩に負担が掛かりにくいと言われていますが私はベンチプレスをやっている途中で肩に激痛が走ってしまったりしたらバーを落とす可能性が高くなるのでオススメはしません。

まずは、重量を見直し私は胸に500ml のペットボトルを入れてペットボトルにバーが当たるところまでバーを降ろして可動域を減らし肩の負担を減らす方法などを推進します。


※普段はシャツの中にペットボトルを入れて行いますが今回は分かりやすいようにシャツに入れずに行いました。

また、肩の痛みが練習の後に感じるならとにかくアイシングして下さい。

また、等院のマイクロカレント波やハイボルテージは痛めた筋繊維や靭帯の治癒促進を促し早く競技復帰をさせる手助けを致します。



http://yashinoki-sekkotsuin.com/jihitiryou

ハイボルテージやマイクロカレント波はこちらのページ中段あたりに書いてあります。



フォームの改善やセルフケアで痛みが残る場合はお早めにご相談ください。

犬山市、可児市、各務原、扶桑のウェイトトレーニングのトラブルならヤシの木接骨院
2018-10-19 16:32:07

冬の脱水(部活&筋トレ向けブログ)犬山市、各務原市の交通事故治療ならヤシの木接骨院

カテゴリ : トレーニング知識
秋に寒い日もあったりで長袖を着るようになってきましたね。

部活や筋トレで冬になれば自然と水を飲む量が減ってしまいます。

今日は、冬の水分補給についてです。

意識になくても発汗による脱水は冬でも意外とあります、また普段から飲む水の量が少なくなっているため、部活やトレーニング開始時には既に軽く脱水している可能性もあります。 

「脱水+冷え」により肉離れを起こす可能性も高くなります。

私も冬のトレーニング後に水分補給が足りておらずジムから帰る時に車のアクセルを踏んだら足がつって大変な思いをしたこともありました(^o^;)

足がつることに対して冷えの対策はもちろんですが水分補給もかなり重要な鍵となります。


また脱水状態だと筋力も低下するし、体脂肪燃焼効果も落ちてしまうそうです。


水を飲むのが苦手な人は、まずセット毎に必ず少しずつ口を湿す程度で良いので、水を含むようにしてみましょう。

部活であればインターバルのタイミングで必ず冬でも水を飲む事を推進します。


ヤシの木接骨院口コミサイトはこちら
https://www.ekiten.jp/shop_87531547/



交通事故治療案内
http://yashinoki-sekkotsuin.com/koutsujiko



犬山市、可児市、各務原で筋トレ、スポーツのケガならヤシの木接骨院
2018-10-15 11:00:43

1 2 3 次へ